スピードマスター x アポロ7号、8号、9号、10号・縁の下の力持ち 3597.11、3597.12、3597.13、3597.14

0
スピードマスター x アポロ7号、8号、9号、10号・縁の下の力持ち 3597.11、3597.12、3597.13、3597.14

さて、アポロといえば、

真っ先に思いつくのがアポロのお菓子。

あのお菓子って甘酸っぱくておいしいんですよね。

男性よりも女性に人気のあるお菓子。

誕生したのがアポロ11号が有人月面着陸した年と同じ1969年。

偶然ではない。

もしもオメガのスピードマスターと明治ホールディングスのアポロがコラボ作品を出したら?

アポロといえばそうですが、

NASAのアポロ計画を忘れることは出来ない。

アポロ計画はNASAが有人月面着陸のために起こしたミッションで、

11号で初めて成功したのはみなさんもご存知だと思う。

それを記念してオメガはアポロ11号とのコラボモデルを5年ごとに登場させているわけですが、

僕が知っているのは1989年の20周年モデルからで、

その後は13号や17号、

ミッションズと呼ばれるセット販売では7号から17号まで、

コラボスピマスを作っている。

これにゃあびっくらたまげた。

なにせ7号から10号までは月に行っておらず、

存在感もかなり薄いからだ。

13号は11号以降、唯一月面着陸していないモデルで、

無事生還されたことを記念して、17号は最後に月に降り立った人類というのを記念して、

それぞれ意味があるわけですが、

それだけに7号から10号というのはとてもレアだ。

とりあえず、ミッションズとは?

ミッションズはアポロ計画、ジェミニ計画、スカイラブ計画を記念してそれぞれ、

アポロ計画 => 7号から17号までの11本

ジェミニ計画 => 5号から12号までの8本

スカイラブ計画 => 1号から3号までの3本

初代スピードマスターのレプリカ1本

これら23本セットが40セット限定で販売されたのですが、

あまりの人気からバラでそれぞれのモデルが150本限定で後から販売された。

つまりそれぞれのモデルはセットで販売された40本と、

後から販売された150本の190本ずつ存在し、

最初の40本の方がレアなぴーすだということが分かると思います。

ケースには『。。/40』と刻印されているので、

発見したら即買いしたい。

さて、今日はその中の7号から10号までのピースについて少々。

アポロ7号

3597.11スピードマスターアポロ7号

これはアポロ7号とのコラボモデル。

9時位置のワッペン画像がなかなか良い。

絵心があると思わないでしょか?w

僕はこの絵はなんだか愉快な気分にしてくれるので結構好きw

アポロ7号といえば、

アポロ計画で初めて有人宇宙飛行を行ったマスィーンwで有名。

これは確かに記念すべきモデルになりそうだ。

ミッションズでしか存在していないコラボなので、レア感がやっぱりある。

  • ケース直径: 42mm
  • ケース厚: 14mm
  • ムーブメント: 手巻きCal.1861
  • パワーリザーブ: 時間
  • ケース素材: ステンレス
  • 防水性: m




アポロ8号

3597.12スピードマスターアポロ8号

これはアポロ8号との記念モデル。

9時位置のインダイヤルの画像にもあるように、

目的は地球の周回軌道を離れ、

月の周りを周回すること。

見事ミッションを遂行させた8号を記念した誕生したスピードマスター。

無限を意味するデザインにもなっている。

  • ケース直径: 42mm
  • ケース厚: 14mm
  • ムーブメント: 手巻きCal.1861
  • パワーリザーブ: 時間
  • ケース素材: ステンレス
  • 防水性: m




アポロ9号

3597.13スピードマスターアポロ9号

アポロ9号とのコラボモデルがこれ。

アポロ9号は3度目の有人宇宙飛行を行った宇宙船で、

生命維持装置、ドッキング操作などなど、

人間が月面着陸するのに必要な要素を実験したのがアポロ9号の目的で、

11号の月面着陸に大きく貢献した。

  • ケース直径: 42mm
  • ケース厚: 14mm
  • ムーブメント: 手巻きCal.1861
  • パワーリザーブ: 時間
  • ケース素材: ステンレス
  • 防水性: m




アポロ10号

3597.14スピードマスターアポロ10号

これはアポロ10号との記念モデル。

アポロ10号は11号で月面着陸する際のリハーサルを行ったミッションで、

月に着陸することなく検証することが目的だった。

月に着陸することはなかったが、

月を周回をして帰還した2度目のミッションとしても有名。

最初は8号。

  • ケース直径: 42mm
  • ケース厚: 14mm
  • ムーブメント: 手巻きCal.1861
  • パワーリザーブ: 時間
  • ケース素材: ステンレス
  • 防水性: m




これらは宇宙には行ったものの、

月面着陸していないので、

あまり存在感のないミッションですが、

これらが無ければ11号も月に到着することはできなった。

縁の下の力持ちとしてオメガとコラボしている。