スピードマスターミッションズ・アポロ計画とのコラボ作品 まとめ

0
スピードマスターミッションズ・アポロ計画とのコラボ作品 まとめ

ここでちょっとスピマスとアポロ計画のコラボモデルについてまとめてみようと思う。

もちろんミッションズのアポロモデルのみ。

そうじゃないと日が暮れるどころか僕自身が枯れてしまうw

それで、

スピマスのなかで一番コラボモデルが多いのがアポロ11号なんじゃないかなと思う。

アポロ11号を筆頭にその他のアポロ計画とコラボしたモデルがわんさかあるのが実情。

11号とのコラボモデルは5年ごとにいろいろ新しいモデルが誕生していて、

次のモデルは、

2019年にアポロ11号月面着陸半世紀モデルが登場する予定。

十中八九、誕生するでしょうから、

これから狙って貯金しておくのも悪くない。

限定商品ですからね。

おもしろいことにオメガはスヌーピーともコラボしている。

しかもこれがアポロ計画と関係があるという。

詳しくはWEBでw

というかこちらの記事でどうぞ。

スピードマスター x スヌーピー 3578.50・噛みつかれないように早く寝なくては。

スピードマスター スヌーピーアワード45周年記念モデル 311.32.42.30.04.003・スヌマスと呼ばれた(僕だけ)綺麗な手巻きクロノグラフ

こういう感じで13号でもスピマスはいろいろ関連コラボを出している。

そして人造にんgアポロ17号とのコラボ作品ではアポローンが文字盤になっている、

ちょっと不気味なモデルも存在する。

アポロ17号のワッペン、アポローンをデザインしたスピードマスター 311.30.42.30.99.002

こういう感じで17号とも通常コラボが存在していて、

通常コラボというと普通じゃないコラボモデルも存在するのかということですが、

ミッションズと呼ばれるセットには通常じゃないコラボスピマスが出ている。

スピードマスターミッションズ・アポロ計画、ジェミニ計画、スカイラブ計画、初代レプリカの計23本を収めた世界限定40セット

こういう感じでアポロとスピードマスターは7号から17号までコラボレーション作品がミッションズの中には存在するわけですが、

これがデザインはだいたい9時位置にミッションごとのワッペンロゴがデザインされたもの。

これがコレクション性があってやっぱり面白いし、

男ならこういうのに惹かれてしまう。

アポロ7号

アポロ8号

アポロ9号

アポロ10号

アポロ11号

アポロ12号

アポロ13号

アポロ14号

アポロ15号

アポロ16号

アポロ17号

こういう感じで9時位置のスモールセコンドのロゴで判断できるようになったら、

マニアという証拠w

近くで読めばわかるかもしれないですが、

遠目で判断できるくらいになるには、

ミッションズの23本セットをゲットしたらそうなれるかもしれない。

スピードマスター x アポロ7号、8号、9号、10号・縁の下の力持ち 3597.11、3597.12、3597.13、3597.14

スピードマスターミッションズ・アポロ11号と17号とのコラボスピマス 3597.15、3597.20

2回目の有人月面着陸したアポロ12号との記念スピードマスター 3597.16・150本の復刻

アポロ13号とのコラボスピードマスター 3595.52・月に行けず生還したアポロ13号のアニバーサリーモデル

アポロ14号、15号、16号を記念したスピードマスター 3597.17、 3597.18、 3597.19・影が薄いのにレアなピースとは?

スピードマスターミッションズ・アポロ11号と17号とのコラボスピマス 3597.15、3597.20

こういう感じで7号から17号まで少しだけ詳しく書いているので良かったら一読どうぞ。

関連性のある記事