山ピーこと、NEWSの山下智久さんがドラマ『クロサギ』、『プロポーズ大作戦』で着用していたオメガの腕時計・シーマスター600 プラネットオーシャン Ref.2201.50 & スピードマスター プロフェッショナル Ref.3570.50

0
山ピーこと、NEWSの山下智久さんがドラマ『クロサギ』、『プロポーズ大作戦』で着用していたオメガの腕時計・シーマスター600 プラネットオーシャン Ref.2201.50 & スピードマスター プロフェッショナル Ref.3570.50

山ピーは本当にかっこいい。

イケメンというか美しいというか、脱力感のある感じはガラスの貴公子、三杉君という感じ。

って違うかw

NEWSで歌手としても活躍していますが、歌手というかもう、俳優ですね。

演技も悪くないしヤマピーがいればやはり視聴率とかもとれるんじゃないでしょうか。

ということで今日は山ピーとオメガ。

山ピーこと山下智久さんがドラマなどでどんな腕時計を着用していたか見てみたいと思います。

オメガ シーマスター600 プラネットオーシャン Ref.2201.50

オメガ シーマスター600 プラネットオーシャン Ref.2201.50

【OMEGA】【内部点検済】オメガ『シーマスタープラネットオーシャン コーアクシャル』2201.50 メンズ 自動巻き 3ヶ月保証【中古】


【OMEGA】オメガ『シーマスタープラネットオーシャン コーアクシャル』2201.50 メンズ 自動巻き 3ヶ月保証【中古】

このモデルはモデル名からも分かるように、水深600メートルまで潜れるモデル。

10時位置についているリューズみたいなのはヘリウムガスを排出するためのバルブで、ヘリウムがたまると自動的にヘリウムを放出してくれる優れた機能。

これはロレックスが開発した機能なんですが、飽和潜水が出来るだいたい600メートルまでの水圧にも耐えれる設計になっているので、

プロでも使用できるのがこのモデル。

42mmのケースにブロードアローの針が時針と分針、両方に採用され、時間確認のしやすさである視認性を向上させるデザインになっています。

秒針の先もオレンジ色が着色され、アワーマーカーの上でもわかりやすいようになっています。

ダイバーにとって時間計測は命取り。

そのため視認性確保には細心の注意が支払われているデザインになっています。

このモデルはヤマピーがドラマ『クロサギ』で着用していたモデル。

オメガ スピードマスター プロフェッショナル Ref.3570.50

オメガ スピードマスター プロフェッショナル Ref.3570.50

OMEGA オメガ スピードマスター プロフェッショナル 3570.50 黒 手巻 腕時計 メンズ


オメガ OMEGA スピードマスター プロフェッショナル(3570.50) 未使用品
オメガのスピードマスター プロフェッショナル(3570.50)です。 保護シールを外していない未使用品です…

そしてこのモデルはかなりオーソドックスといえる現代のスピマスプロフェッショナル。

ムーブメントはCal.1861になっていてCal.321やCal.861の遺伝子を受け継ぐ現代のスピマスプロフェッショナルの手巻きムーブメント。

コラムホイール式のクロノグラフからカム式に変わって量産タイプになったムーブメント。

コラムホイール式が持っていたプッシャーの感触は失われましたが、テンプの振動数は毎秒5回から6回に増幅し精度は出しやすくなりました。

機械の見た目も銅メッキからロジウムメッキに変わったので茶褐色だったムーブメントはシルバー色になっています。

カム式にしたことで量産しやすくなり、腕時計自体の価格も下がり手に入りやすいスピマスの一つでもあります。

ドラマ『プロポーズ大作戦』で山ピーが着用していたのがこれ。

まあどちらもおすすめ。

なにせオメガですからね、かなりコスパが良い。

精度も高いし、オーソドックスでどちらも非常にそそられます。

ということで山ピーが着用していたオメガでした。

関連性のある記事