美しさも兼ねた復刻版のレールマスター 220.12.40.20.01.001・魅力的なロリポップやインデックス

0
美しさも兼ねた復刻版のレールマスター 220.12.40.20.01.001・魅力的なロリポップやインデックス

1957年の誕生以来、数年で姿を消した、

レールマスターシリーズ。

同じ年に誕生したスピードマスターや、シーマスター300がオメガの人気モデルに君臨し、

人気の全然でなかったレールマスターは隅に追いやられた感じになってしまった。

60年代に姿を消したので、

それ以降はずっとレールマスターなしなしでオメガは続いた。

レールマスターとはその名の通り、

鉄道時計として誕生し、

耐磁性を主に推したモデルとしたのですが、

ロレックスのミルガウスと同様、

世間には全く理解されなかった。

現代のレールマスターはシーマスターアクアテラの派生モデルとして2003年に再登場し、

最新の技術などを詰め込んで蘇ってきたわけです。

初代レールマスター

これが初代。

1957年に3部作として登場したものの、

簡単にいえば相手にされなかった可哀そうなモデル。

かっこいいし、耐磁性もあったのに、

売れなかった理由がわからないといえばわからない。

もしかしたら、耐磁性をうたわなければよかったのかもしれない。

ミルガウスもその辺が理解されていなかった気がする。

まあでも当時はクロノグラフやダイバーズの方が全体的にみて人気だったので、

要するに時代が悪かったのかなと。

220.12.40.20.01.001レールマスター


例えばこれは現代のレールマスターですが、

シーマスターとして登場しているので、

防水性は150mもある。

さらにオメガは耐磁性についてはスイスブランドナンバー1ですから、

これも高いスペックを保持している。

そしてコーアクシャル機構を現代の技術で載せている。

実はかなり、

かなり優秀で高スペックを持った1本で、

マスタークロノメーター認定モデル。

220.12.40.20.01.001レールマスター

もはやこれはこれまでのレールマスターとは似ても似つかないデザイン。

針がストレートなペンシルハンズになってはいるものの、

夜光塗料のスーパールミノヴァの塗り方やインデックスの形状、

ロリポップな秒針などなど、

当時のデザインの特徴を再現した感じ。

3、6、9、12の数字は残したところが初代っぽい。

  • ケース直径: 40mm
  • ケース厚: 12.65mm
  • ムーブメント: 自動巻きCal.8806
  • パワーリザーブ: 55時間
  • ケース素材: ステンレス
  • 防水性: m

スペックはこんな感じ。

実用性のかなり高そうなサイズ。

一般的に15mm以下だと着け心地が良いとされる腕時計。

40mmというのもちょうどよいと思う。12mm台というのは薄目。

これは久々のヒット作か。

220.12.40. 20.06.001レールマスター


文字盤の柄は縦目にデザインされている。

この木目調な感じがグーすぎる。

カラー展開は2種類。

それぞれにステンレスブレスとレザーストラップが用意され、

計4種類のラインナップがある。

復刻版みたいな感じではあるけど、

かなりオシャレに仕上がっている。

IWCの綺麗なパイロットウォッチのような感じ。

オメガなのに美しささえ感じる。




関連性のある記事